小林紀由研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 神秘体験は伝わらない

<<   作成日時 : 2016/06/12 06:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神秘体験は語れない(と言われる)。

でも、語らないと伝わらない。

だから、神秘体験をした本人がまず語る。

語られた時点で、それはもう体験そのものではなくなるのだけれど。

本人も何度も語るうちに、その神秘体験の語りは様式化されてくる。
本人の解釈が中心主題とされるようにもなる。
こうして、神秘体験の語りは本人の語りの時点で体験そのものではなくなる。

やがて、本人の語りをその人を崇拝する人びとが語り継ぎ、文章化する。
その過程で、崇拝者たちの語りには崇拝者たちの解釈が加えられ、もとの語りは修正される。

崇拝者たちの語りには多様な語りが生まれてもくる。
やがて、そういった多様な語りを編集してひとつにしようとする編集者もあらわれる。
こうして、正典類が制作される。

正典の編集者は自らの編集意図にしたがって、伝承されてきた記述を修正する。
もう、もともとの神秘体験の記述とは大きく異なるものとなっている。

こうして神秘体験は、あたかもそれが大本にあったかのように正典の読者たちに読まれる。
が、それはもうたくさんの解釈やら修正やら編集やらが加えられたものだ。

神秘体験は伝わりはしない。
伝わるのはそれぞれの段階の崇拝者たちが、どう理解したかだけだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神秘体験は伝わらない 小林紀由研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる